2007年03月30日 Fri

平成18年度県情研・市情研 緊急役員会 報告です!

<平成18年度 県情研・市情研 緊急役員会>
1 日時   3月29日 木曜日 19:00〜
2 場所   熊本市教育センター 3F 第2研修室
3 内容
   協議事項
・異動情報
・次年度活動について
       

 @次年度の活動内容について

  参加者で意見を出し合った結果、
  以下のようなことを次年度は企画することになりました。
  ただし担当を決め、次回までに担当者が企画書を提出、
  例会にて検討しながら進めていくということです。


a 教科とタイアップした研修会
b 合宿研修(候補地:阿蘇)
c 新型PC技術支援
d コンテンツ作成(DVDなど)
f 研修(視察・講演など)
g リンク集

 A例会について

  第3水曜日 予定

  4月18日 企画書検討
  5月16日 教科とタイアップした研修他
  6月20日  同上
  7月18日  同上

  
 B役割分担について

    略

参加者:10名(敬称略)
 画図小 :兼田   二岡中(南小国中):桑崎 
 飽田東小:前田   力合小(池上小) :上妻
 託麻原小:山口   竜南中(桜山中) :西尾隆一
 泉ヶ丘小:山本   銭塘小:林田
 五福小 :高林   春日小:西尾環
posted by 西尾環 | 熊本 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月13日 Tue

平成18年度 第10回例会 報告です!

<平成18年度 第10回例会>
1 日時   3月12日 月曜日
2 場所   熊本市教育センター 2F IT研修室
3 内容
 『西オーストラリアにおけるメディア教育』視察研修報告
                前田康裕先生(飽田東小)
  ○メディア教育は、主に国語の授業で行われている。
  <Ocean Reef Senior High School>
  ・公立校は予算がない、私立は潤沢にある
  ・12年生のメディアスタディの授業=グループ活動
  ・『基礎技能の復習』 カメラの技能 スムーズな移り変わり
    安定した画面 グループによる構成 時間制限による仕事
    メディアエチケット
  ・評価はできるだけ早く,その場で返してやることが大切
  <Lake Joondalup Baptist College>
  ・私立校、メディアルーム以外にもあちこちPCが置いてある
  ・12年生の映画制作の授業=グループ活動
  ・進度により、ストリーボード作成・台本制作・制作費用計算
  ・教師は、子どもたちの中に入っていき、一緒に話し合う
  ・生徒たちが自主的に活動しているところが素晴らしい
  ・別の教師は、メディア学習に必要なステップや技能、素材な
   どを一つのサイトに集めており、レクチャー不要の授業も
  ・やはり、教育は教師次第!?
  <Orange Grove Primary School>
  ・郊外にある小さな小学校、アシスタント・ティチャー3名
  ・スマートボードを使った掛け算の学習をゲームで行う
  ・ガレージバンドを使ったポッドキャスティングの授業
  ・メディア・スタディは、教師のアイデア次第!?
  <Mt Lawley Senior High School>
  ・音楽と語学に強い高校、たくさんの援助をもらっている
  ・8・9年生、『メディア』グループワーク中心で必修科目
  ・10〜12年生、『メディアの制作と分析』の授業を見学
  ・ミュージックビデオを見て、分析してレポート作成
  ・自分の意見を書くことが、とても重要視されている
  ・評価に関しては、ラーニングジャーナルを用いる
  *メディア産業に力を入れている、なるほど! 納得!!

 『給食の食材はどこから? 授業実践報告』
                 上妻薫先生(力合小)
  <6年英語 月2時間程度>
  ・給食の食材には、外国産のものもあることを知る
  ・食材の産地を尋ねる表現や自分の考えを述べる表現に慣れ親しむ
  ・ALTと二人で、模範のQ&A
  ・グループで、カードを使用したQ&A
  ・ITサポーター作成の地図ソフト(flash)で国当てゲーム
  ・英語の学習と社会科の国の位置・国旗の再確認も
  ・ふりかえりの感想のみ日本語発表、以外は全て英語で
  *ITサポーターを動かすアイデア(エネルギー)が、面白い!
 
参加者:13名(敬称略)
 二岡中:桑崎 飽田東小:前田 託麻原小:山口 力合小:上妻 泉ヶ丘小:山本 日吉中:武田 五福小:高林 西原小:本村 竜南中:西尾 九州東海大:儀間 JR四国コムウェア:湯地 センター:中野 東町中:坂口
posted by 坂口信春 | 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月23日 Fri

教員のICT活用指導力のチェックリスト

文部科学省から教員のICT活用指導力のチェックリストが公表されました。
詳細は
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/02/07021604.htm
をごらんください。
posted by 藤田英明 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月20日 Tue

平成18年度 第9回例会 報告です!

<平成18年度 第9回例会>
1 日時   2月19日 月曜日
2 場所   熊本市教育センター 2F IT研修室
3 内容
 『三鷹市立第一小学校視察報告』 林田匡史先生(銭塘小)
  <ブリティッシュ・カウンシルの研修より>
  ・リーダー(学習者)は、どうあるべきか
  ・保護者は、どうあるべきか
  ・児童は、どうあるべきか
   ICTの特色を理解し、それぞれの課題解決へ!
  <三鷹市立第一小学校視察報告>
http://www.education.ne.jp/mitaka/ichisho-es/
  ・校長のリーダーシップ・トップダウンで強力にICT推進
  ・機器整備のため、色んな事業に応募
  ・疑似体験と実体験の併用
  ・「一小プレゼン指導マニュアル」製本・活用
  ・職員室は、インターネットと校内LANのケーブル2本
  ・学校HP年100回更新、担当割振り、地域リンク
  *トップのリーダーシップが、強力な推進力!!

 『スマートボードを活用した授業実践報告』
                 西尾 環先生(春日小)
  <5年図工鑑賞 よく見てみると〜フシギ・ふしぎ・不思議〜>
  ・不思議な見え方をするものを楽しもう
   向き・角度・色・形に着目
  ・見方によって二つに見えるもの
   「ルビンの壷」
http://www.brl.ntt.co.jp/IllusionForum/basics/art/rubbin.html
   「婦人と老婆」
http://www.brl.ntt.co.jp/IllusionForum/basics/art/ladies.html
    etc
  ・みんなで→自分で見つけよう
  ・次時は、自分で作ってみよう→発表しよう
  *よく見て絵の不思議をみつけましょう!(右脳の活性化?)
 
参加者:14名(敬称略)
 二岡中:桑崎 託麻原小:山口 泗水西小:藤田 春日小:西尾 力合小:上妻 泉ヶ丘小:山本 五福小:高林 銭塘小:林田 若葉小:木村 竜南中:西尾 九州東海大:儀間・竹森 JR四国コムウェア:湯地 東町中:坂口
posted by 坂口信春 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月14日 Wed

教育工学研究の特性と今後の展開

日本教育工学会会長の赤堀先生が、教育工学研究の特性と今後の展開について書かれています。ぜひご覧ください。
http://www.jset.gr.jp/profile/aisatu.html
posted by 藤田英明 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月17日 Wed

「平成18年度教育情報共有化促進モデル事業(e-教員プロジェクト)」成果発表会

「平成18年度教育情報共有化促進モデル事業(e-教員プロジェクト)」
成果発表会が開催されます。熊本からも図工美術教育研究会の発表を西尾先生がします。詳細は以下のページ

http://www.mri.co.jp/SEMINAR/2007/20070204_si501.html
posted by 藤田英明 | 熊本 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月16日 Tue

平成18年度 第8回例会 報告です!

<平成18年度 第8回例会>
1 日時   1月15日 月曜日
2 場所   熊本市教育センター 2F IT研修室
3 内容
 『楽しく見ることができるプレゼン』 西尾隆一先生(竜南中)
  <水質調査隊(総合的学習)の実践例>
  ・目的 水質を調査する。水環境を理解する。
  ・調査 試薬でCODとPH検査、葉っぱで流速
      水棲動物の調査、河川・上流・下流の比較
  ・活動 記録を取る・写真を撮る・考える→ワードでまとめる
   →パワーポイントにする (→教師の味付け)
  ・水切り大会 石の選択・投げる角度等のコツ、遊び感覚も
  ・プレゼン作成のポイント
   1)できる限り文字は大きく
   2)写真は、大きく全画面表示、容量はスリム化
   3)背景と文字のコントラストに配慮
   4)目立たせたい行の背景の色を変えていく
   5)動きのあるもので、注意を引く
   
  <Webこども美術館の動画コンテンツ紹介>
   http://www.edu-c.pref.kumamoto.jp/ws/kmtartws/
   TOP→プロフィール→動画コンテンツ
  ・スチレン版画のその1、ほか
  ・ただいま製作中
  *気軽に(!)気楽に(?)、魅せるプレゼン作成!

 『PISA型読解力の育成 〜映像を生かした授業づくり〜』
                 前田康裕先生(飽田東小)
  <PISA型読解力とは>
  ・「自らの目標を達成し、自らの知識と可能性を発達させ、
   効果的に社会に参加するために、書かれたテキストを理解し、
   利用し、熟考する能力」と定義されている
  ・その具体的な改善の方向として三つの提言
   1)テキストを理解・評価しながら読む力を高めること
   2)テキストに基づいて自分の考えを書く力を高めること
   3)様々な文章や資料を読む機会や、自分の意見を述べたり
    書いたりする機会を充実すること
  ・本授業実践は、「テキスト」「言語」「体験」の三つを「プ
   ロジェクト型の共同学習」でむすびつけていくことを目指す
   ものである
  <実践1「アップとルーズで伝える/四年三組から発信します」
   1)サンプル作品を視聴し、課題を設定する
   2)アップとルーズを考えながら写真を撮影する
   3)印刷された写真から選択し、一つのストーリーを作る
   4)ナレーション文を書き、グループで検討して原稿を作る
   5)BGMを選び、ナレーション原稿を完成させる
   6)ナレーションを練習し、録音を行う
   7)作品を鑑賞し、作品の評価や自己の学習の評価を行う
  <実践2(発展編) 6年「みんなで生きる町」>
  ・直接体験から学んだことを交流し、「ユニバーサルデザイン
   の実際」「自分たちの身の回りの問題点」「多くの人々」とい
   う三つのカテゴリーから映像を選択しストーリーを構成する
   という意味で、高度な論理的な思考力を要求する活動となる
  <実践3「おもしろいもの、見つけた/ようすをつたえる」>
  ・写真を使った「三つのヒントクイズを作ろう」と目標設定
  ・写真だけではヒント作成が難しく、物をよく観察するように
  <授業づくりのための五つのポイント>
   1)生の情報を得ること
   2)考えるための視点を持つこと
   3)生活に関係する課題を協同で解決すること
   4)評価基準を明確にして継続して文章を書くこと
   5)子ども同士、子どもと教師が、相互にかかわりあうこと
  *「映像」が協同思考のための道具となりうるかがポイント!?

 『コンテンツと新ソフト紹介』中野俊広先生(市教育センター)
  <「分数のかけ算とわり算」の紹介>
  ・デジタル教材→小学校→算数→6年 
http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/kyouzai/es/sansu/6nen/bunsuu/bunsuu3.html
  ・分かりづらいものを分かりやすく=デジタル教材
  ・新規作成・既製のものの変更等、いつでも受付中!
  <「スライドショーメーカー」の紹介>
  ・学校ホームページに画像スライドショーを簡単表示
  ・写真最大8枚・画像は"JPG"のみ・自動でリサイズ
  ・送信ボタンクリックだけで、自校サーバに保存
  ・利用には、「情報機器接続利用等承認願」の提出必要
  *分かる授業、学校紹介トップページにいかがでしょう!
 
参加者:15名(敬称略)
 二岡中:桑崎 飽田東小:前田 託麻原小:山口 泗水西小:藤田 力合小:上妻 泉ヶ丘小:山本 黒髪小:赤木 西原小:本村 銭塘小:林田 若葉小:木村 竜南中:西尾 市教セ:中野・本田 杉山 東町中:坂口
posted by 坂口信春 | 熊本 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月10日 Wed

科学技術教育協会

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
昨年は更新がやや停滞していたので,本年はもう少しがんばろうと思います。

さて,以前教育ICT試験で紹介した科学技術教育協会では,
●ネットでお答えするお悩み相談室
●Webページ作成お手伝いします
の企画があります。また,環境作文コンクールも実施されています。
詳細は↓
http://www.fest.or.jp/top.html
posted by 藤田英明 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月12日 Tue

平成18年度 第7回例会 報告です!

<平成18年度 第7回例会>
1 日時   12月11日 月曜日
2 場所   熊本市教育センター 2F IT研修室
3 内容
 『実践報告』 山本英史先生(泉ヶ丘小)
  <NHKデジタル教材「わかる算数4年生」の実践例>
   http://www.nhk.or.jp/sansu4/ja/frame.html
  ・「つなぐ」ことの難しさ 導入→主活動→まとめ
  ・「わかる算数4年生」を各単元の導入 全20話
  ・どう「つなぐ」 導入時利用は有効!
  <スペシャルオリンピックス 教材化に向けて>
   http://www.son.or.jp/
   スペシャルオリンピックスを題材として授業を組み立てる
  ・ゼネラルオリエンテーション
   スペシャルオリンピックスとは?
   スポーツ、ボランティア、地域に開かれた活動
  ・ICTの活用
   1)映像(DVD・共有できるメディア)
   2)ネットワーク(マイクロソフトXbox:テレビ会議)
   3)アプリケーション(GMS)
  ・授業でのアプローチ
   人権学習  ボランティア活動  生涯スポーツ
   絶対評価達成評価  医療健康  各教科との関連
  <スペシャルオリンピックス応援メッセージフラッグ作成>
   図画工作科で取り組み
  ・DVD鑑賞導入、前大会ポスター等をヒントに!
  ・4人グループで制作活動
  ・互いの良いところを合作 下絵→着色→鑑賞
  *ICTの効果的な使い方は、導入にあり!?

 『実践報告』 渡辺 猛先生(託麻東小)
  <スマートボードであそぼう>
  ・スマートボードのよさ
   1)対面式の授業ができる
   2)ゲーム等を使って、楽しく授業ができる
  ・授業で使えるコンテンツ(TOSSランド)
   http://tos-land.net/
   1)「子どもランド」にコンテンツがたくさんある
   2)教師が作ったサイトで、子どもの目線で作ってある
    足し算道場  引き算道場  モンスターハウス
    リズムカレンダー  かけ算ファイターさが
  <1年生から6年生までを引きつける生徒指導講話>
  ・「もっと聞きたい」と思わせるために
   1)プレゼン形式で行う
   2)写真、イラストを使う
   3)クイズを出す
  ・「話のポイントはこれだな」と思わせるために
   1)暗唱するほど、読ませる
   2)楽しく覚えさせる
  *「楽しく」「もっと」が、指導のポイント!?

 『Skypeの試用』  本田裕紀先生(市教育センター)
  http://www.skype.com/intl/ja/
  ・導入、設定が簡単  ・画質、音質がいい
  ・テレビ会議の実技(映像と音声共、ファイル送信可)
  ・会議室の実技(5人まで音声のみ)
  ・ファイヤーウォールの設定変更なく使用できる!!
  *学校間交流・職員間情報交換等、利用促進を検討!
 
参加者:15名(敬称略)
 二岡中:桑崎 飽田東小:前田 託麻原小:山口 春日小:西尾 力合小:上妻 泉ヶ丘小:山本 五福小:高林 黒髪小:赤木 若葉小:木村 託麻東小:渡辺 城東小:金井 竜南中:西尾 市教セ:中野・本田 東町中:坂口
posted by 坂口信春 | 熊本 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月13日 Mon

平成18年度 第6回例会 報告です!

<平成18年度 第6回例会>
1 日時   11月13日 月曜日
2 場所   熊本市教育センター 2F IT研修室
3 内容
 『Webページ丸秘テクニック公開』 西尾隆一先生(竜南中)
  <Webこども美術館について>
   http://www.edu-c.pref.kumamoto.jp/ws/kmtartws/
  ・Webこども美術館 ・・・ こどもの資料 全1万点
   絵画・版画・デザイン・題材別・都道府県別・世界の国等
  ・Webこども美術館・別館 ・・・ 指導者の資料
  ・プラットホーム ・・・ コミュニティ
  <Webページ作成>
  ・訪問者を増やす − 検索に掛かるようメタタグを入れる
  ・より簡単に − 浅い階層、スクロールを少なく
  ・より軽く − キャンバスサイズを小さく、圧縮も
  ・より印象的に − 空白を上手に使う
  ・資料配付は"PDF"  ("pdfクリエーター"使用)
  ・フラッシュで動きを ("Motion Marker 4"使用)
  ・3Dも面白い ("Poser 6.0"使用)
  ・全体を白黒にしたとき、すっきり見えるように仕上げる!
  *『動き』のあるホームページにチャレンジしましょう!

 『Skypeのすすめ』  本田裕紀先生(市教育センター)
  ・設定が簡単  ・音質がいい
  ・テレビ会議の活用を模索中
  *12月例会では、みんなで実際に試してみましょう!
 
参加者:12名(敬称略)
 託麻原小:山口 力合小:上妻 泉ヶ丘小:山本 黒髪小:赤木 西原小:本村 若葉小:木村 竜南中:西尾 力合小:米岡(NEW) 松尾西小:丸山(NEW) 市教セ:中野・本田 東町中:坂口
posted by 坂口信春 | 熊本 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月17日 Tue

平成18年度 第5回例会 報告です!

<平成18年度 第5回例会>
1 日時   10月16日 月曜日
2 場所   熊本市教育センター 2F IT研修室
3 内容
 『デジカメの動画を活用したビデオ編集』 木村雅俊先生(若葉小)
  <ムービーメーカーを活用したノンリニア編集>
  ・主な機能 ビデオ編集、タイトルの作成、音楽の挿入、切り替え効果等
  ・デジカメで手軽に撮って、手軽に編集、手軽にプレゼン!
  <学校行事等の編集作品視聴(soft:ムービーメーカー)>
  ・音楽集会・4年演奏会・授業参観・少人数授業等
  <情報委員会の紹介プレゼン作品視聴(soft:パワーポイント)>
  ・委員会児童紹介・活動内容・昼休みパソコン室開放のお世話等
  * 『手軽』が活用の第一歩、手軽(?)にチャレンジしましょう!

 『学校に「教育の情報化」を広める』 山口修一先生(託麻原小)
  <情報を伝える>
  ・情報化に対する情報が少ない → 「託麻原研究通信」発行スタート
  <環境の整備>
  ・使いやすいパソコン室へ改造 島型→コの字型へ変更
  ・教え合える環境
   1)質問されたらすぐ対応 2)必要なことだけ(でしゃばらない)
   3)必要なものはできるだけ揃えてあげる(flashや動画ファイル)
  <職員研修>
  ・ICTは簡単に使えることが理解しあえる研修
  ・ICTを活用した授業作りをする研修
  ・
  * 広めるためには、まず学校の研究に組み込むことから!!
    (初めは、"ICT"より"情報機器"の言葉がやわらかい)

《Q&A》ストリーミング動画の保存ソフトは?
「NetTransport」http://www.altech-ads.com/Details/NetTransport.htm
「GetASFStream」http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se263613.html
「URLSnooper」http://www.pctip.ch/downloads/dl/24172.asp

 『Newデジタル教材の紹介』  中野俊広先生(市教育センター)
  ・小学校→算数→2年 "1000までのかず"
http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/kyouzai/es/sansu/2nen/10000madenokazu/kazu.html
  ・  同 上 →3年 "わり算"
http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/kyouzai/es/sansu/3nen/warizan/wakeru.html
  ・  同 上 →4年 "面積の求め方の工夫"
http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/kyouzai/es/sansu/4nen/menseki_kuhuu3/menseki4.html
  ・  同 上 →5年 "等積変形"
http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/kyouzai/es/sansu/5nen/henkei/henkei.html
  * なければ作る! 作れなければ、ヘルプディスクの活用♪

  『JAET2006進捗状況報告』  桑崎剛先生(二岡中)
  ・JAET NEWS LETTER特集号の紹介、ほか
 
参加者:15名(敬称略)
 二岡中:桑崎 託麻原小:山口 泗水西小:藤田 力合小:上妻 泉ヶ丘小:山本 日吉中:武田 五福小:高林 若葉小:木村 託麻東小:渡辺 壺川小:後藤 城東小:金井 熊本大学:田中 市教セ:中野・本田 東町中:坂口
posted by 坂口信春 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2006年10月07日 Sat

教員のIT指導力の基準作り始まる

文部科学省による「教員のIT指導力の基準作り」が始まりました。
ITを、どのように授業づくりに生かせるかが、問われているのだと思います。
毎日インタラクティブのニュース
posted by 前田康裕 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月06日 Fri

第2回情報教育マイスター養成研究会

こんばんは、上村@天草市立下浦第一小です。ホントに、秋は魅力的な研究会が目白押しですね。

標記の研究会も、熊本に縁の深い先生方が多数参加される、とても魅力的なものです。残念ながら私は参加できそうにありませんが、ぜひ参加されてみては??

☆☆☆ 以下転載 ☆☆☆

□■===第2回情報教育マイスター養成研究会のご案内===■□

  〜2005年の教室を考える実行委員会が送る第2弾!〜
     情報教育マイスター養成研究会
     -情報教育担当リーダー対象集中講義 -
http://www.kids.buddy.gr.jp/meister/
---------------------------------------------------
すぐれた情報教育担当リーダーのかくし味はここにある!
---------------------------------------------------
e-Japan重点計画が2005年度で終了し、「IT新改革戦略」が発表されました。
地域や校内のインフラや機器整備も進んではきています。
校内でこのキーになるのが情報教育担当者です。
しかし、実際は機器のメンテナンス等に追われているのではないでしょうか。
IT活用が日常的に行われ、しかも授業力にうまくむすびつけている学校の
情報教育担当者は、機器にくわしいよりは、校内マネージメントにすぐれて
いたり、IT活用授業デザインやカリキュラムコーディネートにすぐれているの
ではないかと思います。
このようなコツや技を参加者と共有し、習得してもらう機会を作りました。
学校の情報化のためにどのように進めたら良いのか迷っている教育委員会
の担当者、校内の全教員にもっと授業でIT活用してほしい情報担当リーダー、
情報教育に関する授業づくりについて考えたいリーダー候補の方はぜひ参加
ください。
この機会に、参加者とともに、ワンランクアップをめざしてください。

・・・この事業は文部科学省の
「教育の情報化の推進のためのアクションプラン」の趣旨に賛同しています。・・・

★日時:2006年11月11日(土)  13:00〜18:00
                 (受付開始12:30より)
             懇親会  18:30〜20:30

★場所:綿商会館(東京都中央区日本橋)
    http://www.mensyou.co.jp/
      【最寄り駅のご案内】
       ■ 都営新宿線『 馬喰横山 』出口A3より徒歩約5分
       ■ 東京メトロ日比谷線・都営浅草線『 人形町 』
         出口A4より徒歩約5分
       ■ 都営浅草線『 東日本橋 』出口B2より徒歩約5分
       ■ JR総武快速線 『 馬喰町 』出口@より徒歩約9分
       ※連絡地下道をご利用下さい。都営新宿線出口A3が便利です

★参加費用:研究会参加費 2,000円 懇親会費 4,000円

★申し込み方法:メールまたはFAXでお申し込みください。
    メール:meister@kids.buddy.gr.jp
      ※件名に「第2回情報教育マイスター養成研究会申し込み」と
       記載してください。
    FAX:0465-24-5232
    @お名前
    A所属(学校名または企業名)
    Bご住所
    Cメールアドレス
    D電話番号
    E懇親会の参加・不参加
    F第1回マイスター研究会への参加あり・なし
    を記載の上、お申し込みください。

★今回の研究会テーマ 『情報教育の良い授業悪い授業』

★主な内容

  ○開会の挨拶  

  ○中川一史先生(金沢大学教育学部助教授)より趣旨説明

  ○ワークショップ1「情報教育のあぁ勘違い授業」

  ○パネルディスカッション:「情報教育のステキな授業」
   ・特任情報教育マイスターからメッセージ
     田中靖浩先生(鳥取県三朝町立西小学校)
     前田康裕先生(熊本県熊本市立飽田東小学校)
   ・講師からのメッセージ
     木原俊行先生(大阪市立大学助教授)

  ○協賛企業ミニポスター提案
    「これは使える!マイスターの強力なパートナー」

  ○ワークショップ2「これぞ情報教育イチ押し授業だ」
    ・ワークショップのまとめ
     藤村裕一先生(鳴門教育大学助教授)

  ○第2回マイスター研究会のまとめ
    「情報教育授業が充実するために情報教育マイスターは何をすべきか」
     中川一史先生(金沢大学教育学部助教授)

  ○懇親会&プレゼント大会

■主催
 情報教育マイスター養成実行委員会

■事務局
 バディコミュニケーション株式会社

■講師
 中川一史先生(金沢大学助教授)
 藤村裕一先生(鳴門教育大学助教授) 
 木原俊行先生(大阪市立大学助教授)

■協賛・後援
 決定次第Web上にてお知らせします

詳しいプログラムなどは、
http://www.kids.buddy.gr.jp/meister/
で、決まり次第ご案内していきます。

■転載について

本文の転載・転送はご自由にお願い致します。
皆様の身近な方も是非お誘いの上、お気軽にご参加下さい。

※なお、詳細につきましては変更の可能性がございますので
 ご了承ください。

□■=======================■□
posted by 上村孝直 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月20日 Wed

全国大会

3つの全国大会について紹介します。

まずはわが熊本,全日本教育工学研究協議会全国大会【熊本大会】。
申し込みまで,残りわずかになりました。まだの方は急いで下さい。
随時更新されています。
http://www.edu-c.pref.kumamoto.jp/ws/jouhouws/index2.htm

放送教育研究会全国大会。
こちらは,北海道札幌大会。
http://www.nhkk.or.jp/taikai/57_taikai.html

視聴覚教育総合全国大会。
こちらは,東京大会。
http://www.javea.or.jp/soutai/tokyo_10th/1st_guide.pdf

秋は大会ラッシュですねえ!!
posted by 藤田英明 | 熊本 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月14日 Thu

ITCE2級試験

今年もこの季節になりました。
今年のITCE2級試験の日程が発表されました。
3級をお持ちのみなさん,挑戦されませんか?
http://www.japet.or.jp/itce2006/2kyuex18.htm
posted by 藤田英明 | 熊本 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月11日 Mon

平成18年度 第4回例会 報告です!

<平成18年度 第4回例会>
1 日時   9月11日 月曜日
2 場所   熊本市教育センター 2F IT研修室
3 内容
 『IT活用実践について』 林田匡史先生(銭塘小)
  <こんな場面でのプレゼンの活用> プロジェクターで拡大表示
  ・全校集会で生活目標 「月目標」を大きく写して、ゆっくり丁寧に説明
  ・学校の危険箇所  写真を見せ、考えさせながら、注意を喚起
  ・乗ってほしくない車(パトカー・消防車・救急車・霊柩車) 写真を見せ、説明
  <教材作成に使えるソフト>
  ・"数学→計算プリント自動作成ソフト"
   小学校低学年向けの足し算・引き算から、高学年向けの小数・分数まで
http://www.forest.impress.co.jp/lib/stdy/study/mathmatics/keisanpri.html
  ・ネタの種(ジャストシステム)
   ネットから画像・テキストの取込・加工がとても簡単
  * なるほど! プレゼンいろいろ・ソフトもいろいろ♪ ネットは玉石混交!

 『すぐに授業で使えるパソコン講座』  山口修一先生(託麻原小)
  <タブブラウザの紹介>
  ・"Firefox" "Opera" "Sleipnir"
   ポータブル版をUSBメディアに入れておくとどこでも簡単起動
  <デジカメ画像処理ソフト>
  ・"ViX" http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/picviewer/vix.html
   エクスプローラ風のファイル管理機能をあわせもつ総合画像ビューワー
  <拡大ポスター印刷ソフト>
  ・"PosteRazor" http://posterazor.sourceforge.net/
   選択した画像を分割して、印刷して繋ぎ合わせて大きなポスターを作れます
  * いいソフトを探して・使い込んで、ますます「達人」への道・・・

 『デジカメ&プロジェクタの活用』  本田裕紀先生(市教育センター)
  ・教材を拡大して提示(教科書の挿絵・ノートのとり方・目盛りの読み方)
  ・その時、その瞬間の様子を提示
  ・モデルを動画提示(跳び箱・筆使い・ぽたんの付け方・運動フォームチェック)
  ・自作スクリーン・自作教材提示装置製作の紹介
  * 徹底的に使い倒す! なければ作る! こだわりのすすめ♪

  『JAET2006進捗状況報告』  桑崎剛先生(二岡中)
  ・リーフ第2号 来週中には配付、ほか
 
参加者:17名(敬称略)
 二岡中:桑崎 飽田東小:前田 託麻原小:山口 泗水西小:藤田 春日小:西尾 力合小:上妻 泉ヶ丘小:山本 五福小:高林 西原小:本村 銭塘小:林田 若葉小:木村 託麻東小:渡辺 竜南中:西尾 JR四国コムウェア:湯地 市教セ:中野・本田 東町中:坂口 
posted by 坂口信春 | 熊本 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月03日 Sun

情報教育に係る学習活動の具体的展開について−ICT時代の子どもたちのために、すべての教科で情報教育を−

新学期がはじまりましたね。
2学期もがんばって,いい実践をしていきましょう!!

文科省からの報告書です。
ぜひご覧下さい。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/08/06082512.htm
posted by 藤田英明 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月11日 Fri

「わかる!書ける!学習指導案」セミナーのご案内

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、再びご案内します。

わかる!書ける!学習指導案」セミナー
学力向上のための「2つの授業力」(@「基礎・基本」を定着させる
「鍛える授業」を実現する授業力 A 「子ども主体の課題解決学習(問題解
決学習)」を実現するための授業力)を磨くセミナーです。

日時:2006年8月26日(土) 午前10時30分〜午後4時30分
場所:熊本大学くすのき会館・レセプションルーム
〒860-8555 熊本市黒髪2丁目39番1号TEL:096-344-2111(代表)
内容:
ワークショップ「指導案の検討と改善提案」
○ワークショップの流れ
@グループごとにサンプル指導案の優れた点と改善点を検討
A改善の方向を話し合いまとめる
Bグループ同士で情報交換し、足りない点を補う
C指導案改善の発表資料を作成し、グループごとに発表する
D質疑応答
※優秀な発表をしたグループの表彰も予定しています。
解説と講評「指導案による授業改善のポイント」藤村裕一先生
参加費:無料(ただし必ず事前に申し込んでください。)
定員:40名
詳細及び申し込みはМ????2.pdf

締め切りが本日(11日)になっていますが、まだ受付中です。
授業力アップをめざして、参加してみませんか。
posted by 田辺敬一 | 熊本 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月06日 Sun

文科省調査結果等

暑い日が続いていますね.ブログの更新も久しぶりです.
すでに見た方もいるかと思いますが,7月の文科省の報道発表の中で情報教育関係もでています.一度ご覧下さい.

学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/07/06072407.htm

教育の情報化の推進に資する研究
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/07/06071911.htm

posted by 藤田英明 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月11日 Tue

平成18年度 第3回例会 報告です!

<平成18年度 第3回例会>
1 日時   7月10日 月曜日
2 場所   熊本市教育センター 2F IT研修室
3 内容
 『授業で使えるかな? パソコンミニ講座』 山口修一先生(託麻原小)
  <PowerPoint教材作成編2> 
  ・画面全体を画像として保存する→PRTSC(プリントスクリーン)
  ・ウィンドゥ内だけを画像として保存する→Alt + PRTSC(プリントスクリーン)
  ・画像の必要な部分だけを見せたいが時間がない。→「表示」→「グリッドと
   ガイド」→「グリッドを表示」「ガイドを表示」を表示させ、手がかりに編集をする。
  ・スライドショーでスライドを自由に行き来する→スライド番号の数字キーを
   押してenterキー
  ・スライドショー中にソフトを切り替える→Altキー + Tabキー
  * なるほど! 裏技のすすめ♪ もっと知りたくなりました!

 『普段のIT活用授業実践について』  上妻 薫先生(力合小)
  ・図工 「花の詩画をかこう」 D−proの教材作成プロジェクトを活用
   (コンテンツ)
  ・社会(6年) スキャンした教科書を拡大表示し、気付いたことを発表する。
  教育センターのデジタル教材を見せる。
  映像の提示は、考えるきっかけに・まとめで理解を促すときに有効、デジタル
  挿絵と映像の教材なしには授業が成立しなくなった。
  * 使い込むと欠かせなくなるんですねー、ますます「達人」への道・・・

 『パソコンや携帯電話から学校のお知らせが』  兼田先生(画図小)
 “えずっこほっと!ニュース”発信中 (毎週金曜日更新)
 通常は不審者情報や週行事・学年便りの連絡に、緊急時には特に重宝
  1) パソコンでのアクセス
     http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/school/e/ezues/index.htm
  2) 携帯電話でのアクセス(QRコードを使うと簡単)
     http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/school/i/ezues/index.htm

参加者:15名(敬称略)
 画図小:兼田 二岡中:桑崎 飽田東小:前田 託麻原小:山口 泗水西小:藤田 春日小:西尾 力合小:上妻 泉ヶ丘小:山本 五福小:高林 若葉小:木村 古町小:松岡 JR四国コムウェア:湯地 市教セ:中野・本田 東町中:坂口 

posted by 坂口信春 | 熊本 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。